膀胱炎

プロポリスが膀胱炎を改善するとされる2つの理由

免疫力を高めて体を丈夫にしてくれるとしておなじみのプロポリスですが、そのプロポリスの「膀胱炎を改善する」働きが注目されていることをご存じでしょうか。
プロポリスが膀胱炎の改善に役立つとされているメカニズムと、つらい膀胱炎を改善したい場合はどのように使うのが一番良いのかを解説しましょう。

プロポリスはミツバチが持つ神秘的な健康パワーをそのまま健康食品にしたもので、さまざまな健康効果があるとされています。
その中でもすでに注目されているのが免疫力の強化で、人間の健康にとって脅威であるさまざまな健康リスクから体を守ってくれる強い味方として利用している方も多いと思います。
膀胱炎の改善にも使えるといわれているのは、プロポリスが持つ免疫強化力と、抗菌作用という2つの作用が深く関わっています。

ミツバチが作っているハチの巣は、彼らにとってとても重要な居住スペースです。
中には女王バチがいるので、その重要さは人間の想像以上です。
その大切な巣を守るために巣につけているのがプロポリスで、巣の中に雑菌が入り込まないようにするミツバチたちの知恵です。
そのパワーを人間に取り込めば、膀胱炎の発生を許してしまうほど弱ってしまった免疫力をサポートすることができて、自力で膀胱炎の症状を緩和、治る方向に持って行けるかも知れません。
さらに、プロポリスには抗菌作用があります。
膀胱炎は膀胱の中にばい菌が入り込んで炎症を起こしている病気なので、抗菌作用によって菌を除去することができればそれ以上悪くなることはありません。
つまり、プロポリスが体内に入ることによって抗菌作用で菌を除去、そして体が本来持っている免疫力を助けることで炎症を治すというダブル効果が期待できるため、膀胱炎に良いとされているのです。

プロポリスの別名は、「自然の抗生物質」。
膀胱炎の治療で病院に行くとほとんどの場合抗生物質を処方されるので、治療の方向性も似ているのです。
もちろん医師の判断に勝るものはありませんが、少しでも早く治すためにもプロポリスの活用を検討してみてください。
▼こちらの記事のプロポリスランキングについても参考にご覧ください。