膀胱炎

なかなか治らないその胃痛、プロポリスなら何とかできる

胃痛というのは体質のようなものなので、特に体に問題があるわけではないのにときどき悪さをしてきます。
しかも下痢の腹痛とは違うのでトイレに駆け込めば解決するということもなく、何らかの対策を打たない限りはどんどん症状が悪くなっていきます。
そこで提案したいのが、ミツバチがつくり出す自然の抗生物質とまで呼ばれるプロポリスです。

胃痛の原因はさまざまですが、胃に何かの異常があることは間違いありません。
そして、その異常の原因は大半が菌や、それによる炎症です。
この悪い菌を何とかしない限りは、炎症だけを治してもまたその菌によって炎症が起きてしまいます。
プロポリスは、そんな胃に対して強い殺菌作用を発揮するので、まず炎症の原因を取り除いてくれます。
そして次に生き物が本来持っている免疫力を高める働きも確認されているので、その働きによって炎症を鎮めてくれます。
つまり、抗菌+消炎という2つの働きによって胃の中のトラブルを解消、胃痛を改善してくれるのです。
ヨーロッパでは古くからプロポリスの働きには注目されていて、医薬品の材料として使われている国もあります。

冒頭に、プロポリスのことを自然の抗生物質と表現しました。
医学的に作られた抗生物質の働きは、抗菌と消炎です。
そうです、こうした働きと全く同じ作用によって体を守ってくれるプロポリスなので、医薬品として使っている国もあるわけです。
健康食品にも配合されることの多いプロポリスなので、そういった商品の中には胃痛改善を目的としたものもあります。
胃の中の環境を改善して胃痛の原因そのものを解消していって自然に胃痛を治そうという考え方のものがほとんどなので、医学的にも理にかなったものと言えます。

プロポリスの摂取には色々な方法がありますが、最も「濃い」のは原液を水か白湯で薄めて飲む方法です。
慣れていない人には強烈な味に感じられると思いますが、胃痛の苦しみほどひどいわけではないので、なかなか治らない胃痛にお悩みの方は一度お試しください。
またこちらのプロポリスのサプリメントについても参考にご覧ください。