膀胱炎

プロポリス原液を購入してもそのままでは飲めない

ミツバチが作り出し「自然の抗生物質」と呼ばれるプロポリスですが、その使い方はさまざまです。
飲んで体内に入れる方法だけでなく、気になる箇所に塗るという方法もあります。
元々プロポリスはミツバチが自分たちの巣に塗って抗菌作用を高めることに役立てているので、自然本来の使い方という意味では塗るのが最も近いかも知れません。
しかし、人間の免疫力を高める働きも確認されているので、やはり飲んでパワーを取り込みたいところです。
そこで購入を検討している方にとって必ず選択肢になるのが原液です。

健康食品などにプロポリスが配合されているものが多く見られますが、プロポリスの含有量はそれほど高いとは言えず、やはり最も高い効果を期待するのであれば原液を購入してそれを体内に取り込むことです。
とは言え、元々はハチの巣の表面についている物質です。
それをどうやって原液にするのかと言いますと、アルコールに漬け込んで成分が溶け出してくるのを待ち、それを薄めずに販売しているものが原液です。
ミツバチというとハチミツの濃厚な甘みを想像する人も多いと思いますが、プロポリスは巣の表面物質なので、決してそんなに美味しいものではありません。
植物のヤニが凝固したようなものを溶かして飲むというのを想像すると、すでに味に対する期待は薄れていくのではないでしょうか。
実際にプロポリスの原液はかなりの味なので、決して美味しいとは言えません。
それどころか、人間が好まない味なので味がハードルになって摂取するのがツラいと感じる人もいると思います。

そこで何かの飲み物に薄めて飲むという人が多いのですが、ここで注意したいのが「味のある飲み物」との混ぜ合わせです。
購入してきたプロポリス原液は絶対にそのまま飲んではいけないので(味の関係でおそらく飲めません)、水か白湯などで薄めて飲むが正しいとされています。
お茶やジュースなどと混ぜたくなるところですが、お茶には血管の収縮作用があったりジュースにはカロリーがあったりするので、効果が薄れる恐れがあります。
プロポリスは薬だと思って、マズいのを我慢して飲むのが実は一番なのです。
またこちらのプロポリスの効果的な飲み方についても参考にご覧ください。